分詞

ヘッチャラ英語学習

分詞の種類と使い方

現在分詞

分詞とは、動詞がある形に変化したものを言います。

現在分詞とは動詞に ing が付いたもので、進行形の時に使われる studying や running, sleeping などのことです。

現在分詞は、もちろんbe動詞と並べて使えば進行形としても使われますが、現在分詞1つでは形容詞の役割をするものとして使われます。

形容詞とは、日本語で「楽しい」「おもしろい」「大きい」など、言い切りの形(終止形)で最後に「」が付く言葉でしたね。

例えば「美しい」は a beautiful bird です。

分詞は、この beautiful のように使えるので、これを flying 「飛んでいる」に変えると a flying bird 「飛んでいる鳥」というようにできるということです。

つまり、現在分詞の意味は「~している・・・」のようになるので、次のように言えるということです。

a sleeping animal  眠っている動物
working people  働いている人たち

上の例文では、現在分詞は修飾される語の前に書かれていますが、次のように修飾される語の後に来る場合もあります。

The people working there are all Chinese.
そこで働いている人たちはみんな中国人です。

The animal sleeping in the box is not a cat.
箱の中で眠っている動物は猫ではありません。

このように、他の語(ここではin the box)といっしょに名詞(ここではanimal)を修飾する場合は修飾される語の後にきます。

この場合の現在分詞は関係代名詞とそれに続くbe動詞を省略したものとも言えます。

The animal (which is) sleeping in the box is not a cat.

カッコの中の言葉を使うと関係代名詞のある文章になるわけですね。

過去分詞

分詞には、現在分詞だけではなく、過去分詞と言われるものもあります。

一般的に動詞は、現在形、過去形、過去分詞形の変化があり、過去分詞形は現在完了や受動態で使われています。

意味は「~された・・・」「~した・・・」のようになり、現在分詞と同様に、形容詞の役割をします。

a broken car こわれた自動車
(ア・ブロークン・カー)

a stolen watch 盗まれた時計
(ア・ストールン・ウォッチ)

上の例文では、過去分詞は修飾される語の前に書かれていますが、現在分詞と同じ様に修飾される語の後に来る場合もあります。

The car broken in the accident was very expensive.
その事故でこわれた車はとても高かった。

このように、他の語(ここではin the accident)といっしょに名詞(ここでは car)を修飾する場合は修飾される語の後にきます。

過去分詞もまた関係代名詞とそれに続くbe動詞を省略したものとも言えます。

The car (which was) broken in the accident was very expensive.

分詞の確認テスト

●次の( )に入る適切な語句をそれぞれ選びなさい。

問題 1.警察は盗まれた車を見つけた。
The police found (  ).

the car stolen,  stolen the car

the stolen car,  car the stolen


問題 2. ナンシーと話をしているその男の人はだれですか。
Who is (  ) with Nancy?

the man talking  the talking man  talking the man

man the talking


問題 3. 私はあの歌っている子供を知っています。
I know (  ).

that child singing  that singing child

child that singing  singing that child


問題 4. 彼はイタリア製のカバンを持っていますか。
Does he hava a (  ) Italy?

made in bag  made bag in  bag made in  bag in made


問題 5. 木の下にすわっている女の子は私の妹ではありません。
(  ) under the tree isn't my sister.

Sitting the girl  Girl the sitting  The sitting girl  

The girl sitting

解答・解説ページへ

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る