英文の書き方を身に付けよう

ヘッチャラ英語学習

英文の書き方の基礎

皆さんは英語の書き方をしっかり理解できていますか。長い間英語を勉強していても、正しく書けない人がたくさんいます。

日本語と英語の書き方にはいくつかの違いがあります。

テストなどで間違わないように、英語の書き方の基礎の基礎をちゃんと身に付けて下さいね。

2020年から、小学校でも本格的に教科としての英語教育が始まります。

小学校では600~700語程度の英単語を学習していくことになりそうですから、できるだけ早めに学習を始めることをお勧めしています。

英文を書く時に注意する事項

単語は離して書く

日本語の文字は、違う単語でも続けて書くことができますが、英語は、1つ1つの単語を、少し離して書かなければいけません。

例えば、「はじめまして」は、How do you do? と書きますが、Howdoyoudo? のようにくっつけて書くと、英語ではどれがどれだか分からなくなるからです。


文章の最初は必ず大文字

ローマ字で単語を書く場合、人名や地名、国名などの最初の文字は、大文字で書かなければいけませんが、英語の文章の最初にくる文字も大文字にしなければいけません。

また、いつも大文字にしなければならないものには Mr(ミスター) 「~さん」のように男の人の名字の前につける単語などもあります。

こちらは山田さんです。
○ This is Mr Ymada. 
× this is mr ymada.



文章の最後につけるマーク

文章の最後には、ピリオド「」や、クエスチョンマーク「」(疑問文のとき)、エクスクラメーションマーク「」(感動を表すときなど)など、必ずどれかのマークが必要です。

でも、日本語にまで「?」や「!」などをを付ける人がいますが、正式な文章の中では絶対に使わないようにしましょう。

SNSなどを使って友達とのやり取りをする時には構いませんが、日頃から注意しておきましょう。


文章の途中で改行をするとき

英語の文章では、単語の途中で行を変えることをしてはいけません。

これは私のノートです。
This is my notebook.
× This is my noteb
ook
.

途中で単語の文字が全部書けそうにない時は、その単語1つを、そのまま次の行から書き始めましょう。

This is my
notebook.

ただし、note-book のように、単語の文節で区切ることは可能ですが、やはり分かりづらくなります。

例えば次のような場合です。

This is my note
-book
.

これは文章が短いので、わざわざこのようにしなくても、1行で書くことが出来ると思いますが、英文が長い時はこのようになることがよくあります。

英文の書き方には、以上のように色々な決まりがありますが、一番の基本になるのでしっかり覚えて下さいね。

でも、文節という言葉は、英語の初学習程度では、あえて覚える必要はありませんので、難しければ気にせずに飛ばしていきましょう。


英語が話せた!と評判。30日で基礎が身につく噂の英語教材とは?
文法を覚えただけでは、英語をうまく使えるとは限りません。英会話力とはリスニング力とスピーキング力も身に付けていくことが大切です。まずは初級編でその力を磨いていくことができる英語教材がこれです。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る