感嘆文

ヘッチャラ英語学習

英語の感嘆文

感嘆文とは

感嘆文(かんたんぶん)とは、驚きや感動をあらわすときに使う言葉です。意味は「なんと~なんだろう」のようになり、英語では次のような形にします。

What + (a または an)+形容詞+名詞+主語+動詞!

なんとこれは大きなカブトムシなんだろう。
What a big beetle this is !


What は「何」という意味ではありませんよ。また、主語と動詞が後ろに来ている事にも注目しましょう。

ただし、どれのことを見て言っているのかが分かる場合は、主語と動詞の部分を省略して言うこともよくあります。

What a big beetl !

つまりここでは、主語と動詞である this is が省略できるということですね。

会話(文)では、特にこのように言うことが多いかも知れません。



★複数形にすると次のようになります。

なんとこれらは大きなカブトムシなんだろう。
What big beetles these are !


または

What big beetles !


◆感嘆文は次のようなに how を使うこともあります。

ただし、ここでの how は疑問文ではないので「どのような」などの意味にはなりませんよ。

How
+ 形容詞(副詞)+主語+動詞 !

なんとこのカブトムシは大きいのだろう。
How big this beetle is !

なんとこれらのカブトムシは大きいのだろう。
How big these beetles are !


What と How の使い分けは、その後ろの語句に、この二つの単語に直接かかる名詞があるかどうかで決まります。

つまり、感嘆文の主語と動詞をを除いた部分が名詞で終わっていれば what で、名詞で終わっていなければ how になるということです。

上の例文で言えば beetle(s) がその名詞に当たります。

最終的には What と言った瞬間に、何かの名詞が頭の中で浮かび、How と言った瞬間に名詞では終われないという感覚が身に付けば、会話でもスムーズに使えるようになります。

しかしながら、それはかなり初級者には難しいので、そのためにもここに出てくる例文等を使って、いろいろな単語に置き換えるなどして繰り返し練習してみる必要があります。

また、文章にする時は、最後の ! も忘れないようにしましょう。 これはエクスクラメーションマークと言います。

特に学校のテストでは、このマークを忘れると減点されてしまう可能性が高いでしょうね。

通常の文章から感嘆文に書き換える時

これはとても素敵な家だね。
This is a very nice house.
 
これはなんて素敵な家なんだろう。
What a nice house this is !
 ↓
What a nice house!

この家はとても素敵だね。
This house is very nice.
 
この家はなんと素敵なんだろう。
How nice this house is !
 
How nice!


これらの事から、通常の文から感嘆文になる時は very が how に変わっているとも言えますね。

もちろん very だけがそうなるわけではありません。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る