英語重要連語

ヘッチャラ英語学習

英語の重要連語、熟語

よく使われる英語の連語、熟語

◆英語の勉強では単語を一つ一つそのまま覚えるよりも、連語としてまとめて覚えたほうが理解が早まることがありますし、非常に便利です。

また、連語になることで、もとの単語の意味とは少し違う訳し方になることもあるので注意が必要ですよ。



◆他のページに出てきたものは、その連語のみを記載しています。

a cup of~ 一杯の~

a glass of~ 一杯の~

a pair of~ 一対の~(2つで1つになったようなもの)
He has ten pairs of shoes.
彼はくつを10足持っています。

a piece of~ 1片の~

a lot of~ たくさんの~

after school 放課後

again and again 何度も
The animal comes here again and again.
その動物は何度もここへやってきます。

all day 一日中
I was sleeping all day yesterday.
私はきのう一日中寝ていました。

all around 一面に

as soon as~ ~するとすぐに

at first 最初は
The story was very interesting at first.
最初は、その話はとてもおもしろかった。

at last ついに、ようやく
We discovered the fall at last.
我々はついにその滝を発見した。

at the same time 同時に
You can't see those stars at the same time.
それらの星は同時に見ることはできません。

be は、be動詞のことですから、主語や時制(過去や未来など)によって変化しますので注意しましょう。

be able to~ ~することができる = can
I was able to enter the building.
私はその建物に入ることができました。

be absent from~ ~を欠席する
He was absent from school.
彼はきのう学校を休んだ。

be afraid of~ ~をおそれる
Are you afraid of dogs?
あなたは犬がこわいのですか。

be different from~ ~とはちがう
American culture is different from ours.
アメリカの文化は私たちの文化とはちがう。

be fond of~ ~が好きである = like
She is fond of cats.
彼女は猫が好きです。

be full of~ ~でいっぱいの
This garden will be full of flowers.
この庭は花でいっぱいになるだろう。

be good at~ ~が得意だ
I am good at taking pictures.
僕は写真を撮るのが得意です。

be sick in bed 病気で寝ている
My groundmother has been sick in bed since yesterday.
私のおばあちゃんは昨日から病気で寝ています。

be late for~ ~に遅れる
Don't be late for the meeting.
会議に遅れないようしなさい。

be pleased with~ ~を気に入る
We are really plesed with this house.
私たちは本当にこの家を気に入っています。

before long まもなく
The airplane will arrive here before long.
その飛行機はまもなくここに到着するでしょう。

belong to~ ~に属する
This forest belongs to everyone.
この森はみんなのものです。

between ~ and・・・ ~と・・・の間に
There is a little river between the park and my house.
その公園と私の家の間に小さな川があります。

both ~ and・・・ ~も・・・も両方
Both he and I agree with your idea.
彼も私もあなたの考えに賛成です。

by the way ところで
By the way , where did you buy the coat?
ところで、あなたはどこでそのコートを買ったのですか。

come up to~ ~に近づく
A man came up to me then.
その時、一人の男の人が私に近づいてきました。

day after day 来る日も来る日も
We were waiting for him day after day.
来る日も来る日私たちは彼を待っていました。

do one's best ベストを尽くす
one's は誰々のという意味でここには my, his, her, Nnacy's 等の所有格を表す単語が入ります。
I wii do my best.
私はベストを尽くすつもりです。

each other お互いに = one another
今では、この2つはほとんど同じ要領で使われているようです。
We must help each other (one another).
私たちはお互いに助け合わなければなりません。

~enough to・・・ ・・・するのは十分な~
Mike is old enough to go abroad alone.
マイクは一人で海外に行くには十分な年齢だ。

find out 探し出す、気がつく
I found out my mistake.
私は自分の間違いに気付いた。

for a long time 長い間
It was raining for a long time.
長い間雨が降っていた。

for a while しばらくの間
Please wait here for a while.
しばらくの間ここで待っていてください。

for example 例えば
For example, it looks like an lamp.
例えば、それはランプのように見えます。

for the first time 初めて
I touched the stone for the first time.
私は初めてその石にさわった。

get on~ ~に乗る(タクシーなど小さな乗り物の中に入る場合はget in を使います)
Get on a train at Akune station.
阿久根駅で列車に乗りなさい。


get off~ ~を降りる
Where did you get off the bus?
あなたはどこでバスから降りたのですか。

get to~ ~に着く = arrive
They will get to this airport soon.
彼らはまもなくこの空港に着くでしょう。

give up あきらめる
Never give up.
絶対にあきらめるな。

go away 立ち去る
She went away without saying anything.
彼女は何も言わずに立ち去った。

go for a walk 散歩に行く
My father often goes for a walk.
私の父はよく散歩に出かける。

go on a trip 旅行に行く
We enjoyed going on a trip last wee.
私たちは先週旅行に行って楽しんだ。

had better~ ~したほうが良い
had があっても過去形ではありません。
You had better finish your homework soon.
君はすぐに宿題をすませたほうがいいよ。

hear from~ ~から便りがある
Have you heard from him?
彼からは便りがありましたか。

here and there あちこちに
There were many people here and there.
あちこちにたくさんの人がいました。

in front of~ ~の前に
Nancy met him in front of the building.

in those days その頃
I was keeping a big snake in those days.
そのころ私は大きな蛇を飼っていた。

in time for~ ~に間にあって
Was he in time for the party?
彼はパティーに間に合いましたか。

look after~ ~を世話する = take care of~
使い方に違いはありますが、初学習としては、この2つもほぼ同じ意味と考えてよいでしょう。
You have to look after your parents.
あなたは親の面倒を見なければいけませんよ。
Tom, take care of the dog.
トム、犬の世話をしなさい。

look forward to~ ~を楽しみにする
I was looking forward to talking to the baseball player.
僕はその野球選手と話をするのを楽しみにしていました。

make a mistake 間違いをする
He sometimes makes a mistake in math.
彼は数学でたまに間違いをする。

make friends with~ ~と友達になる
Mary wants to make friends with that boy.
メアリーはあの男の子と友達になりたいと思っている。

友達になるということは2人以上の人がいなければならないので、必ず friends と複数形にしておきましょう。

make up one's mind 決心する
I made up my mind to forget her.
私は彼女のことを忘れる決心をした。

most of~ ~のほとんど
Most of them were gold.
それらのほとんどが金でした。

next to~ ~のとなりに
Mr Brown lives next to my house.
ブラウンさんは私の家のとなりに住んでいます。

not ~ at all 少しも~ない
The story wasn't interesting at all.
その話はぜんぜんおもしろくなかった。

not only ~ but (also)・・・ ~だけでなく・・・もまた
She knows not only Ken but (also) Tom well.
彼女はケンばかりでなくトムもよく知っている。

on one's way home 家へ帰る途中で
It began to snow on my way home.
私が家に帰る途中で雪が降り始めました。

on one's way to~ ~への途中で
He saw a small rabbit on his way to school.
彼は学校へ行く途中で小さなウサギを見ました。

once again もう一度 = once more
Would you say it once again, please?
もう一度言っていただけませんか。

one after another 次々に
He drank orange juice one after another.
彼は次から次へとオレンジジュースを飲んだ。

plenty of~ たくさんの~ = a lot of
There are plenty of cards on the table.
テーブルにはたくさんのカードがあります。

put on 身につける
Put on a coat. It is very cold outside
コートを着なさい。外はとても寒いよ。

put out 消す
Shall I put out fire?
火を消しましょうか。

right now 今すぐ = at once
Please start right now.
今すぐに始めて下さい。

run after~ ~を追いかける
A cat is running after a mouse.
猫がねずみを追いかけている。

run away 逃げる
The mouse is running away from the cat.
そのねずみはその猫から逃げようとしている。

some day いつか
I'd like to visit your country some day.
いつか君の国に行きたいなあ。

such as~ ~のような
I want to keep some animals such as pandas and koalas.
私はパンダやコアラのような動物を飼いたい。

take a trip 旅行をする
Are you going to take a trip next month?
来月、旅行に出かけるつもりですか。

take off 脱ぐ、離陸する ⇔ put on
次の文では離陸するという意味にならないのは分かりますよね。
Please take off your shoes in the house.
家の中では靴を脱いでください。

take part in~ (催物や大会など)~に参加する
Would you like to take part in the party too?
あなたもそのパティーに参加したいですか。

turn on~ ~をつける
Will you turn on the TV?
テレビをつけてくれませんか。

turn off~ ~を消す
Don't turn off the light.
明かりを消さないでね。

~years old ~歳

これらの連語の中には全く別の意味を持つものもありますが、基本的な使い方としては、ここで紹介した程度で覚えておけば良いでしょう。また、それぞれの例文を最低100回以上は声に出して読んでみましょう。

これでもまだまだ少ない方なのですが、実際に外国人に対して一度でも使ったものは、頭に残りやすいものなので、できるだけその機会を見つけるようにするとなお良いと思います。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る