英語と日本語の動詞

ヘッチャラ英語学習

日本語と英語の動詞の扱い方

英語の文章を作る時に特に大事なものは、主語と動詞です。

そこで、ここでは日本語の動詞を考えてみることにします。

そうは言っても、国語の時間に習うような形式ばったものはやりません。

まずは、ある程度どのようなものかがわかれば良いと思います。

日本語の動詞

動詞とは、基本的にその文字からも分かるように、動きを表す言葉となります。

走る、見る、読む、食べる、聞く、話す・・・など

動詞の中にもいくつかの種類に分けることができます。

その中には状態を表す動詞もあります。

望む、好む(好き)、似る、所有する(持っている)・・・など

また、存在を表すものも動詞と呼ばれることがあります。

いる、ある


通常、日本語では動詞は文章の最後に来ますので、それをいくつかの文で考えてみましょう。

1.ヒロシは犬が好きです
2.私たちはよくここに来る
3.洋子は毎日ケーキを食べます
4.彼がトムだよ。
5.彼女たちはピアノを弾くのが上手だ。

正式な国語の文法で考えるとチョット違いますが、1、2、3の文では、下線を引いた部分のように、はっきりと動詞を見つけることができます。

しかし、4、5では動詞らしきものをうまく確認できません。

英語の文書を作る時は、主語と動詞を考える必要があるので、4の文章は、「彼がトムです。」と考え直せば理解しやすいかも知れませんね。

5の文章も「彼女たちはピアノを弾くのが上手です。」と、直せば分りやすくなります。

1の「です」や、5の「だ」は、実は日本語では助動詞と呼ばれるものですが、英語では助動詞は別の使い方(別の単語がある)をするので、ここでは、これも動詞として考えたほうが英文が作りやすくなるでしょう。

英語の動詞

英語の動詞は、日本語の動詞とされるものとチョット違うことがあるので、英語の文章を作る時は、その考え方を少し変える必要があります。

中学で習う動詞には大きく分けて、be動詞一般動詞の2つのものがあります。

上記の文章の1、2、3で使われる動詞が一般動詞で、4、5で使われる動詞がbe動詞です。

1.ヒロシは犬が好きです
Hiroshi likes dogs.

2.私たちはよくここに来る
We often come here.

3.洋子は毎日ケーキを食べます
Yoko eats a cake every day.

4.彼がトムだよ(です)。
He is Tom.

5.彼女たちはピアノを弾くのが上手だ(です)。
They are good at playing the piano.

基本的には、英語でも日本語でも、一つの文で使われる動詞は一つと考えておきましょう。

そして、英語では基本的には、動詞の位置は主語の次になります。

①主語②動詞③他の語

さらにこの動詞の部分では

ア.be動詞だけ使う
  I am a student.

イ.一般動詞だけ使う
  I study English.

ウ.be動詞一般動詞を同時に使う
  I am studying English.
  English is used around the world.

このように、まずはこれら3つの場合を使い分けることができればしめたものです。

実はたったこれだけのことが、英語を初めて学ぶ多くの人たちを悩ませているのです。

英語の文章を作るときには、特に①主語②動詞の順番、動詞の部分の使い方である、ア.イ.ウ.をしっかり基本としておさえておく必要があります。

また、これらにあてはまらないこともありますが、それはじっくりそれぞれのページで考えていくことにします。

そして、be動詞一般動詞などの詳しい説明も、このサイトにあるそれぞれのページをご覧になって参考にして下さい。

しかし、動詞の種類が2つもあるからと言って、難しく考えることは全くありません。

これは日々の練習によって慣れてくれば、非常に簡単な事に気付くはずです。

それでは Just enjoy English!


ゼロからの英語やり直し教室
ゼロの状態から英語をやり直すということは、忘れていた基礎を掘り返し、確実に身に付けていくということです。何事もその基盤がしっかりしていてこそ、うまく応用につなげられるのだと思います。揺るぎのない英語力を付けることで、ますます、今の力が倍増することもあるでしょう。理解し難い部分は、メールで直接質問することができるので、途中でつまずくことも殆どないはずです。 文法力を強化したい方には特におすすめします。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る