speak talk 違いと使い分け

ヘッチャラ英語学習

speak と talk

speak

speak と talk は、ともに「話す」という意味を持つ単語ですが、speak は相手がいるかどうかにかかわらず、”話をする”という場合に使えます。

They spoke the truth to us.
「彼らは私たちに真実を話してくれた。」

いろいろな国の言葉を”話す”という時にも speak が使われます。

Tom speaks Chinese very fluently.
「トムはとてもスルスルと中国を話します。」


「~に話しかける、~と話をする」という意味でも使われ、その場合は後ろに to や with などの単語(前置詞)が付きます。

May I speak to/with Dr.Tanaka?
「田中先生をお願いします。」

この場合 to はイギリス英語、 with はアメリカ英語で使われることが多いようです。

talk

talk は、日本語では「話す、言う、述べる」など speak や say などと似た意味で訳されますが、基本的には相手との会話を交えて”話をする”という場合に使われる単語です。

また、about という単語と共に非常によく使われます。

What are you talking about?
「何の話をしているの。」「何を言っているんだ。」

We should talk more about world peace.
「私たちはもっと世界平和について話し合うべきだ。」


talk は speak と違って「おしゃべりをする」というような意味でも使うことができます。

Nancy really likes to talk.
「ナンシーは本当におしゃべりをするのが好きだ。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る