roadとstreetの使い分け

ヘッチャラ英語学習

road と street

説明と問題

この2つの単語には、「道」という意味で使われることがありますが、road は、一般的に、町と町を結ぶ“道路”で、street は町の中にある“通り”のことをさします。

そこで、次の3つの日本語を英語にして考えてみましょう。

①私はきのう大通りで有名人を見た。

②これはロンドンにつなる道です。

③道路を渡る時は左右を見なければいけまんよ。


それでは、それぞれの英文がどのようになるか少し考えてみてください。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① I saw a celebrity in the high street yesterday.

② This is the road to London.

③ You have to look both ways before you cross the street (road).

①の場合、high street はその道沿いに、銀行やたくさんの商店などが並んでいる通りを指していると考えれるので、stree が適していると言えるでしょう。

そこで、high road という言い方もありますが、これは「公道」や「幹線道路」などの主に車が走っている道路を指しており、もし、そういう場所で「有名人」を見たとなれば、“車の中にいる”有名人を見たと考えることになるでしょうか。

②では、明らかに別(ロンドン)の街につながる道路のことを言っていれば、ここでstreet を使うことはできません。

③では、単に道路(道)を横切ることを述べているので、street と road の両方を問題なく使えることになります。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る