look see watch 違いと使い分け

ヘッチャラ英語学習

look, see, watch それぞれの意味と使い方

look

look の一つの意味は、「見る」ですが、何かを「見る」とした場合の「~を見る」では、後ろに at が付きます。

She looked at the animal very carefully.
「彼女はその動物をとても注意深く見た。」


「~に見える」のような意味で使われる場合もよくあります。

She looks very sad.
「彼女はとても悲しそうに見える。」


命令文の形で使うと、「ほら」や「見てごらん」のように、軽く注意を呼びかける意味になります。

Look, the woman over there is a famous singer.
「ほら、向こうにいる女性は有名な歌手よ。」

see

see にも「見る」のような意味がありますが、意識せずに見るという感覚があるので、「見える」と訳すことがよくある単語です。

I saw few poeple there.
「そこではほとんど人を見ることはなかった。」

can と共に使われることもよくあります。

Can you see Mt. Fuji from here?
「ここから富士山が見えますか。」

「見る」は、特に映画や劇を見るという形で使われます。

We went to see (×watch, ×look) a movie last night.
「私たちは昨夜映画を見に行きました。」

次のような場合は、「見る」ではなく「分かる」の意味になります。

I see. This is very difficult.
「なるほど。これはとてもむずかしいですね。」

See? They are wrong.
「わかりましたか。彼らは間違っているのですよ。」

watch

watch の「見る」には、「観察する」のような感覚があります。したがって、動いているものや、ものが変化している状況を見るという感じになります。
look at は動かないものを「見る」という点で違いがあります。

Did you watch (×look at) the baseball game.
「その野球の試合は見ましたか。」

Watch (look at) that bird.
「あの鳥を見てごらん。」

この場合 watch だと「注意深く観察するように見て」のような気持ちがありますが look at では、ただ「ちょっと見てごらん」のような感じになるでしょう。

特に「テレビをみる」は watch だけです。

Do you watch TV every day?
「君は毎日テレビを見ますか。」

命令文の形で使うと「気を付けて」「注意しなさい」のような感じになります。

Watch out ! = Look out !
「あぶない!」

英語勉強メニュー

ページのトップへ戻る