littleとsmallの違いと使い分け

ヘッチャラ英語学習

little と small

この2つに共通な部分は「小さい」という意味をもっていることですね。

しかし、この意味で使われる場合でも、その奥には多少の違いがあります。

説明と問題

small は、単に「小さい」という意味を表すわけですが、little は、その中に愛情的な気持ちが含まれていることがあります。

ファーストフード店の飲み物では、小さいのを small の S を使いますが、little の L を使うことはありませんね。

その前後の文脈や何に対して使うのかによって、使い分けが生じてきます。

人や物、量に対する大きさなどにおいても、どちらを選ぶかが重要となります。

small money お金が大きさが小さいこと

little money お金が少ないこと


そこで、次の2つの日本語を英語にしてみましょう。

① メアリーの犬は小さいです。

② メアリーはかわいくて小さい犬を飼っています。

まず、①はただ単に小さいということを言っているようであれば、もちろん small を使います。

しかし、②は明らかに「かわいい」ということを言っていますので little を使います。

それでは、それぞれの英文がどのようになるか少し考えてみてください。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① Mary's dog is small.

② Mary has a pretty little dog.

の場合は名詞が付かずに終わる形になっているので small が little になることは通常ありません。

の場合も、逆に pretty という単語が付いているので little を small にすることはありません。

また、pretty は cute でも良いでしょう。

「小さい」という意味で比較の形をとる場合、次のように変化するのが普通です。

little → smaller → smallest
small → smaller → smallest

My cat is smaller than yours.
「私の猫はあなたのより小さいです。」

要するに、どちらであっても、比較級は smaller、最上級は smallest を使うということです。

little が「少ない」という意味で使われる場合は less(lesser) → least となります。

ただし、アメリカでは little → littler → littlest も、たまにあるようですが、ほとんど見たことが無いので、無理に覚える必要もありません。

英語勉強メニュー

ページのトップへ戻る