lateとslowの使い分け

ヘッチャラ英語学習

late と slow の違いを理解しよう

説明と問題

この2つの単語は、日本語で「遅い」という意味になるので、中学生や初級者の方には、その使い分けがうまくできていない場合がよく見受けられます。

しかし、その違いは日本語でも簡単に説明することができます。

late は、例えば、1日のうちで「(時間帯が)遅い」という意味です。

つまり、朝10時に起きるのは「遅い」というような場合に使います。

また「遅く」という意味にもなります。


一方 slow は、人や物の動きが「遅い」や「(予定より)時間が遅れている」いうような場合などに使います。


また、slow は slowly のように ly を付ければ「ゆっくりと」という意味になりますが、late は lately とすれば「最近、近頃」などとなって、全く違った意味になってしまいます。


★それでは、上の解説を参考に、次の日本語を英語にしてみましょう。

① 父は毎日夜遅く帰ってきます。

② 私にとって大学に行くのはもう遅すぎるでしょうか。

③ その(掛け)時計は約10分遅れていた。

それぞれの英文がどのようになるか少し考えてみてください。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① My father comes home late every night.

この場合の late は「遅く」という副詞の意味で使われています。

come home late は、かなりよく出てくる表現なので、このまま覚えましょう。

また、主語に合わせて come に s を付けるかどうかを考えましょう。


② Is it too late for me to go to college?

この場合「遅い」は時期的なことについて述べているので late を使います。

it is too ~ は、「(あまりにも)~すぎる」という it を使った特別な言い方ですね。

また、college は (a) university でも結構です。


③ The clock was about ten minutes slow.

この最後の問題は少し難しかったかも知れませんね。

時計の進み具合が「遅い」という場合は slow をこのように使います。

そこで「~分(時間)遅れ」は、minute(s) slow, hour(s) slow という形で覚えましょう。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る