illとsickの使い分け

ヘッチャラ英語学習

ill と sick

説明と問題

この2つの単語は、「病気」という意味あいで、その違いはほとんどありません。

したがって、ネイティブであっても、その違いの説明を求められて、即答できる人は少ないかも知れません。

アメリカでは sick が、イギリスでは ill が多く使われているということが、この単語の区別をつける一つの手助けになるでしょう。

★それでは、次の日本語を英語にしてみましょう。

① 彼はもう1年も病気をしている。

② 少し吐き気がします。

③ 彼女の愚痴を聞くのはもううんざりしています。

それぞれの英文がどのようになるか、まずはノートなど書いた後で答え合わせをしてみましょう。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① He has been ill / sick for a year.

「病気である」という場合には、be動詞の後に ill または sick のどちらを使っても表せます。

「もう一年も」という言い方は「一年間も」という日本語にスムーズに置き換えられると簡単に英文にできるのではないでしょうか。

ここではその意味合いを出すために現在完了形を使ってみました。


② I feel sick a little.

「吐き気」を表すには、ここでは sick しか使えません。

これに to one's stomach という表現を付けて言う場合もあります。

I felt very sick to my stomach then.
「その時はすごく吐き気がしたんだよ。」

単に「気分が悪い」といったときには、どちらを使っても構わないでしょう。


③ I'm sick of hearing her complaints.

「~にうんざりする」という表現は、決まり文句ですから、be sick of または be tired of などを使います。 この表現で be ill of はありません。

もちろん、ill だけしか使えない場合もあります。

次のような例文では ill at ease が「落ち着かない」という決まった表現として使われているので sick を代わりに使うことはできません。

My boss makes me feel ill at ease.
「上司がいると気が落ち着きません。」

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る