hearとlistenの違いと使い分け

英語の勉強ならヘッチャラ英語学習

hear と listen

説明と問題

hear と listen の違いには、かなり明確な部分があります。

hear は意思をもって聞くのではなく、“聞こえる”というような意味を持っています。

そして、「聞こえる」という意味では can といっしょに使うことがよくあります。また、進行形にはできません。

また、「うわさに聞く」「耳にする」というような場合にもよく使われます。

listen は多くの場合、意思をもって耳を傾けて“聴く”という感じになります。


それでは、次の3つの日本文がどのような英文になるか少し考えてみてください。

① 彼らは幸福に暮らしているそうです。(主語は私に)

② ギターの音が聞こえますか。

③ 彼は今ラジオを聞いています

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① I hear (that) they live happily.

「~だそうだ」というようなうわさ話をする時には、このように主語に続けて hear を付け、その後は that でつなぐ形で表現できます。

I have heard (that) his photo appeared in some newspaper.
「彼の写真がいくつかの新聞に載ったことがあると聞いたことがあります。」


② Can you hear the sound of a guitar?

「聞こえる」は hear だけでも表現できますが、このように can を付けていう事がよくあります。

I can't hear you.
「あなたの言うことが聞こえません。」

「耳が聞こえる」という意味で次のように言うこともできます。

My grandmother doesn't hear very well.
「私のおばあちゃんは耳が遠いです。」


③ He is listening to the radio now.

漢字では「聞く、聴く」のどちらでも良いのですが、この場合には明らかに「耳を傾けて聞いている」ということで「聴く」の方が良いでしょうが、問題的に「聞く」としました。

また、このように listen の場合には、その後ろに to を付けます。

相手に対する呼びかけや命令文の形でもよく出てきます。

Hey, listen.
「オイ、ちょっと」

Listen to me.
「私の話を聞きなさい。」

英語勉強メニュー

ページのトップへ戻る