endとfinishの使い分け

ヘッチャラ英語学習

end と finish

説明と問題

この2つの単語は、動詞としては「終わる」や「終える」「終わり」といった同じ意味で使われ、それぞれ置き換えることができる場合もあります。

全体の意味内容が変わってしまうこともあるので、その使い分けが難しい単語の一つです。


◆次の日本語を英語にしてみましょう。

① その会合はまもなく終わるでしょう。

② 宿題は今朝終わらせました。

③ 今月の終わりまでにこのプロジェクトを完成させてください。

それでは、それぞれの英文がどのようになるか少し考えてみてください。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① The meeting will end / finish soon.

この場合は、どちらを使っても同じ意味になるので問題ありません。このように、入れ替えて使える場合がかなりあります。


② I finished my homework this morning.

ここでの finish は、与えられていた宿題が全て終わったをいう含みをもっていまっすが。

end にすると、全て終わったかどうかにかかわらず、とりあえず終わらせたという感じになるでしょう。

つまり、全部はできなかったので、もうこれ以上はやっても無駄だという気持ちを表せるかも知れません。

前後関係などからその文脈がはっきりしなければ、どちらも使えるでしょうが、宿題というのは、全部やるというのが当たり前でしょうから、この例文では finish が妥当だと思います。


Finish this project by the end of this month.

最初の finish は「完成させる」という日本語からも「きっちり仕上げる」という意味で使われているので、end にするとことはできません。

また、「終わり」という名詞として、文中の end を finish にすることはできません。

the end of this week / year などに言い換えて、覚えてみましょう。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る