also と too の使い分け

ヘッチャラ英語学習

also と too

説明と問題

この2つの単語の意味は「~もまた」ということでその違いはありませんが、使われる位置や、会話的なものと文章の形式などによって、その選択に違いが生じることがあります。

◆ too は通常、文章の最後にきます。

◆ also は通常、一般動詞があればその直前に、be動詞があればその直後にきます。


それでは、次の3つの日本文がどのような英文になるか少し考えてみてください。

①この本もとても面白いよ。

②アメリカの大統領もこの地を何度も訪れました。

③私はホームページを作るつもりです。僕もだよ。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① This book is very interesting too.

この日本文からすると、会話的な言葉と言えそうですから too を使った方がその感じが出るかもしれません。

もちろん This book is also very interesting. とも言えます。


② The U.S. president also vitied this place many times.

①とは反対に少しフォーマルな言い方になっていると言えるかもしれませんね。その場合には also がより適しているでしょう。

もちろん The U.S. president vitied this place many times too. とも言えます。

また、too の位置を主語の次にもってくることもできますが、文語的で、ちょっと古い形式です。

The U.S. president, too, vitied this place many times.

この場合には too の前後にコンマが付きます。

ところで、「アメリカの大統領」には他にもいくつかの言い方があります。

The president of the United States など


③ I'm going to make a website. Me too.

Me too. は会話でよく使われる表現ですね。この場合は also は使えません。また、Me, too. と間にコンマを付けることもあります。

また、主語に合わせて次のように言うこともあります。

I want to eat it myself.
「私もそれが食べたいです。」

myself(oneself)は「自分自身で」という意味がありますが、他の人に続いて言うような場合は「私もまた」という感じになります。

Micky is coming tomorrow. We are coming ourselves.
「ミッキーは明日来ます。」 「私たち来るつもりです。」

ところで、「ホームページ」はサイトのトップページを表すことがあるので、この場合は website「ウェブサイト」とする方が良いでしょう。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る