aboveとoverの使い分け

ヘッチャラ英語学習

above と over

説明と問題

above には「~の上に」というような意味がありますが、この意味で考えた場合、 on や over という単語も同じように使える感じがしますね。

on との違いは、上にはあるが接触せずに離れていることです。

over は above と同じように、接触せずに何かの上にあるという状態を表すことができますが、 above の場合は、その真上をさしています。

それでは、次の3つの日本文がどのような英文になるか少し考えてみてください。

① 私はソファーの上にかかっている絵が嫌いだ。

② その川には小さな橋がかかっていました。

③ 水は私の腰の上まであった。

腰 waist

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① I don't like the picture above/over the sofa.

この例文では above と over のどちらも使うことが可能です。

ソファーに接するように絵を掛けているのであれば on も可能ですが、それは普通ではないのではないでしょうか。

また、don't like の代わりに hate 「嫌い」という単語などを使っても構いませんね。


② There was a small bridge over the river.

この場合は、川の上をまたぐような状態を表しているので、above は使えません。


③ The water was above my waist.

above は「~より高い」という意味で使われることもあります。

したっがて、この例文では over は使えません。

少し難しい問題でしたが、above の1つの使い方として参考にしておいて下さい。



★その他次のような例文でも確認しておいてください。

Can you see the balloon over/above the tower?
「塔の上の気球が見えますか。」

over はその上を広くおおっているとか、「越えていく」というような状態を表せるので、次のようにも言えます。

A UFO flew over my head.
「UFOがぼくの頭の上を飛んでいった。」

over はまた、「~以上の」といった意味で使われることもあります。

I think she is over sixty
「彼女は60歳を越えていると思います。」

ところで、on は必ずどこかに接している状態なので、次の文では above や over を使うと猫の位置が違ってきます。

ベンチの上に猫がいます。
There is a cat on the bench.

この猫はベンチの上に座っているか、寝そべっている感じがします。

There is a bird in the tree over the bench.
「ベンチの上の木に鳥がいます。」

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る