hourとtimeの使い分け

ヘッチャラ英語学習

hour と time

説明と問題

「時間」と言えば time という単語が、初級者の方には、まず思い浮かぶのではないかと思います。

また hour という単語も「時間」という意味で使われますが、この2つは全く違った意味合いで出てくるので、

しかし、この「時間」がどのような文章の中で使われているかを読み取らなければ hour と time という単語の使い分けで大きなミスをしてしまう恐れがあります。


次の3つの日本語を英語にしてみましょう。

① 私はきのう9時間寝ました。

② 私はきのう寝る時間が全くありませんでした。

③ 楽しい時間を過ごしてください。


それぞれの英文がどのようになるか、まずはノートなど書いた後で答え合わせをしてみましょう。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

① I slept for nine hours yesterday.

この「時間」は、何時間という時間数を言っているので、この場合には hour を使います。

time には回数を表す意味もありますので、 time を使えば、次のようになります。

I slept nine times yesterday.  for はもちろん使えません。
「私はきのう9回寝ました。」

こうすると、9回寝起きをしたというようなことになってしまいます。

ところで、hour の発音は「アウア」のようになり、最初が母音なので、1時間とするときは a ではなく an としなければならないことに注意してください。


② I had no time to sleep yesterday.

この「時間は」時間数ではなく、「ある一定の(間の)」を表していますので time を使います。

これは次のようにも応用できますよ。

I didn't have enough time to sleep yesterday.
「昨日は寝られる時間が十分(あまり)なかった。」

この time の意味で使った表現では for a long time がよく使われます。

We lived in London for a long time.
「私たちは長い間ロンドンに住んでいました。」


③ Have a good time.

これはかなりお決まりの挨拶的な表現なので、聞いたり使ったりしたことがある方も多いのではないでしょうか。

日本語の意味を直訳しなければ、「楽しんで下さいね。」とかでも良いでしょう。

この他に Enjoy your stay. など、海外から来た人にも使えますね。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る