byとtillの違いと使い分け

ヘッチャラ英語学習

by と till(until)の意味上の使い方と問題

説明と問題

この2つの単語を使い間違える原因は、細かい意味の取り違いにあります。

初心者や初級者などの方にとっては、少し覚えにくい事もありすが、何度も読んだり書いたりすることで、うまく理解できるようになります。

まず、till と until は「~まで」というような全く同じ意味なので置き換えが可能です。

つまり、時間が一定の時まで継続していることを表すような場合に使われます。

一方 by は、「~までに」という意味で、一定の時間までに何かが行われるような場合に使われることがある単語です。


それでは、それぞれの英文がどのようになるか少し考えてみてください。

①彼らは10時までここにいるでしょう。

②彼らは10時までにはここにいるでしょう。

解答と解説

それぞれ次のように書くことができます。

①They will be here till 10 o'clock.

②They will be here by 10 o'clock.


の場合は10時まで同じような状態が続くことを表し、の場合は10時までのどこかの時間に事が起こることを表していると言えます。

つまり、till は継続であり、by はある瞬間における動作と考えることができます。


かなり分かりにくくなる場合もありますので、もう少し例題を見てみましょう。

You can't enter this building tili 10 o'clock.
「10時までこの建物に入ることはできません。」

この例文では、10時までは入ることができないという状態が続いていますね。

この英文で till を by に変えると「10時までに(は)この建物に入ることはできません。」となって状態の継続ではなくなることがわかります。

次の例文でも確認してみましょう。

You have to get out of this building by 10 o'clock..
「10時までにこの建物から出なければなりませんよ。」

この例文では、10時までのどこかの時間に出ていかなければならないといった、ある瞬間の動作を求めています。

till を使うか until を使うかは、人によってまちまちだと思いますが、先頭にこれらの単語を使う場合は、until が多用されているようです。

英語勉強メニュー


ページのトップへ戻る